派遣社員即日お金借りる 至急融資借りれる?お金を借りる際に必要なもの、書類

お金を借りる際に必要なもの、書類は 派遣社員だけど融資借りれる?

 

現在日本における派遣社員の数は増えていますが、正社員よりも収入が少ないためお金を借りる時に制限が大きくなるのが特徴です。

 

もし派遣社員をしている人が至急お金借りるならば、当然ながら一定の制限を受けなければなりません。ですが、裏を返せば借りることができるローンも決して少ないものではありません。

 

基本的に、お金を借りる時には審査がありますが、この時の審査基準の中心になるのは収入になります。

 

十分な収入があれば返済することができますが、収入が不安定な人や収入自体が少ない人は、借りることができる金額に制限が大きくなってしまいます。

 

具体的にどれぐらいの金を借りることができるかといえば、金融機関であれば収入の半分ぐらい、貸し金業者の場合は収入の3分の1以内です。

 

このように考えれば、金融機関から借りた方がお得になりますが、至急お金が必要な場合には金融機関のローンの中でもカードローンを利用することになるでしょう。

 

カードローンの場合は、派遣社員でも問題なく借り入れすることが可能です。

 

後は、収入がどれだけあるかによって借り入れできる金額が変わることになりますが、派遣社員の平均的な収入を見ると平成27年度の賃金統計調査によれば328万円となっています。

 

ただ、実際には一回会社を定年して関連会社に派遣社員として勤めている60歳から65歳の収入が360万円前後となっているため、カードローンを利用する機会が多い20代から50代の平均年収は310万円くらいと考えるのが妥当でしょう。

 

すると、最大で150万円くらいまで借りることができますが、ふつうは最初からそこまでの金を貸してくれず、10万円から15万円程度が上限となります。

 

初回に限る金額だけ考えれば15万円以上は借りることが難しいと考えて間違いありません。このとき特に書類などが必要なく、本人の身分証明書さえあれば借り入れが完了するでしょう。

 

ですが、50万円以上借り入れする場合には、収入証明書を提出しなければならないため、少し面倒臭くなります。

 

消費者金融などから借り入れする場合は、年収310万円であれば最大で100万円まで借り入れが可能ですが、初回に貸してくれる金額は20万円以内になっていることがほとんどです。

 

それ以外にも、街金などを利用すれば至急お金が必要な場合でもその日のうちに借りることが可能になります。

 

ただ、金融機関などに比べると金利がやや高い可能性がありますので、金利のチェックはしっかりとしておくべきです。

 

 

お金借りる際のいいわけ どうしたらカードローン審査通る?

 

様々な事情からお金借りる必要に迫られることが人生では起こります。

 

例えば、お世話になった方の突然の訃報に急遽葬儀に参加することになったり、突然の怪我や病気で治療費や入院費、生活費などを用立てしなければならなくなったり。

 

嬉しいことでも、友人の結婚式でのご祝儀や出産祝い、新築祝いや結婚祝い、子供の進学の準備など様々な場面で考えられます。

 

特別でなくても、急な飲み会の誘いや旅行の誘い、旅先で運命的に出会った品物をどうしても手に入れたいときなど、いろいろなケースがあります。

 

そんな時に活用したいのが、キャッシングです。銀行や消費者金融など様々な金融機関でキャッシングを受けることができます。

 

銀行での借り入れを希望する際に注意が必要なのは、2点あります。まず、1点目が目的によって借りる商品が違うということです。

 

銀行のキャッシングで多いのが住宅ローンやリフォームローン、マイカーローンや学資ローンなど目的がはっきりしている比較的高額なキャッシングです。

 

これらは、利用する目的にしか利用することができないため先述したレジャーや冠婚葬祭などに利用することは想定されていません。

 

ですので自由に使うことができないキャッシングといえます。

 

次に注意が必要なのは、審査がとても厳しいということです。

 

目的がはっきりしている上に、借り入れの金額がとても高額になりますので収入証明書が必要なことはもちろん、連帯保証人や土地や建物などの担保を用意する必要があります。

 

目的を問わない借り入れが、銀行でできないかというとそうではありません。銀行でも自由に利用できるフリーローンやフリーキャッシングと呼ばれる商品もあります。

 

その名の通り、自由に利用することができるため多くの方に選ばれています。消費者金融系のキャッシングとは違い、同様に審査はあるため即日融資を受けることができない場合もあります。

 

また、用意する証明書や保証人が必要な場合もありますので注意が必要です。

 

それに対して消費者金融系キャッシングでは、即日融資を受けられるところがほとんどですので、その日のうちに借り入れをすることができます。

 

しかし、消費者金融系キャッシングでも気をつけなければならない点はあります。それは、総量規制と呼ばれる法律です。

 

総量規制では、借り入れできる金額に上限を定められています。定められている理由は、借り入れ希望者を保護することが目的です。

 

借り入れ希望者の返済能力を超えるほどの貸付けをおこなった場合、月々の返済が生活費を圧迫して生活が立ち行かなることを懸念して制定されました。

 

ですので、年収が600万円の人の場合では年収の3分の1である200万円までしか借り入れをすることができません。

 

さらに注意が必要なのが、この借り入れの上限金額は1社につきというわけではないという点です。

 

借り入れしている金融機関のすべての会社の総額となります。ですので、限度額が200万円の方が、すでに150万円借り入れをしている場合は、新たな金融機関で借り入れができる上限は50万円となります。

 

フリーローンの場合は、借り入れする場合の理由は一切問われません。理由を聞かれない場合もあります。生活費の足しにしても良いし、旅行などのレジャーに活用してもいいです。

 

また、借り入れ金額の上限に達してないはずなのに、借り入れができないという場合があるかもしれません。

 

その場合は、様々な事情がからブラックリストに掲載されている可能性があります。

 

ブラックリストに掲載されてしまうには大きく分けて2つ理由があります。

 

まず一つ目は、返済の遅れです。返済日にきちんと返済することを約束してお金を借りるのですが、事情があって返済が遅れてしまうことが続いた場合、ブラックリストに掲載されてしまいます。

 

ブラックリストに掲載されてしまうと、利用枠があっても追加融資を受けることはできなくなってしまいます。

 

返済の遅れが2ヶ月程度の場合は1年から3年の間、ブラックリストから除外されません。返済の遅れが3ヶ月以上の場合は、5年もの間ブラックリストに掲載されてしまいます。

 

2つ目の理由は民事再生・自己破産、個人再生、任意整理、特定調停などの法的な手続きを行なった場合です。

 

手続きの方法により、ブラックリスト掲載期間は違います。

 

民事再生、個人再生、任意整理、特定調停などの場合は5年間ブラックリストに掲載されます。最も長いのが、自己破産です。自己破産の場合は、10年間もの間ブラックリストに掲載されることになります。

 

その間は、消費者金融系キャッシングでも利用ができないのはもちろん、銀行でも住宅ローンなどを組むことができません。

 

また、携帯電話を機種変するときに2年間の分割で支払いをする方が多いですが、そのような支払い方法を選ぶこともできなくなります。

 

ブラックリストに掲載されることで、キャッシングができない以外のリスクもあることを覚えておきましょう。